薬を持っている男性

有名な性感染症のひとつに淋病がありますが、病気であるかどうかを判断するためには痛みなどの自覚症状から性病の初期症状であることに気づくことが大切です。そして、早期発見からの早期治療することで、しっかりと病気を治療していくことができます。淋菌に感染した場合の初期症状を知っておくことで、感染したと自覚したときに病気であるか判断することができるようにしておくと、迅速に検査を受けたり病院に行ったりすることが可能です。

淋病とは?

淋病とは淋菌に感染することによって起こる性感染症であり、男性が尿道に感染した場合は激痛が走りますし、女性の場合は病気になったことに気づくことができずに検査や治療が遅れてしまい、子宮外妊娠や不妊症のような重篤な症状を引き起こしてしまう可能性があります。男性が性風俗店を利用することで感染してしまうことが多い病気のひとつですが、最近はオーラルセックスが一般化していることもあり、性風俗店以外にもパートナーとオーラルセックスを行うことでも感染することが増えているのです。それ以外にもコンドームを使用せずにセックスやアナルセックスを行った場合にも感染します。

淋菌に感染した場合、男性は尿道に症状が出るという特徴があります。尿道の痒みや不快感を覚えながら生活しなければならないだけではなく、排尿時に激しい痛みを感じることが多く、その痛みは耐え難いものだとされているのです。尿道から粘り気のある白っぽい膿が出ることもありますが、これは量が多かったり黄色がかっていたりすることが多いので、病気の初期症状だと気づくことができるケースが多いと言えます。他には精巣上体が腫れあがってしまったり、身体や患部に軽い発熱や痛みが生じるようになったりするという特徴があるのです。

女性の場合は、子宮の入り口である子宮頸管に炎症が起こるため、おりものが増加したり、性交時に痛みを感じたりするようになります。生理以外に突然出血してしまう不正出血が起こることがあったり、下腹部に痛みを感じたりすることがあったりするのです。女性の場合は自分で症状を自覚できるケースが少ないので、早期発見するためには些細な変化でも初期症状の可能性を疑うことが大切だと言えます。

淋病になってしまった場合、男の人であれば非常にわかりやすい症状が身体にあらわれるので発見が遅れることは少ないですが、女性の場合は症状がわかりにくかったりあらわれなかったりすることがあるので、注意が必要です。他の性感染症と同様に、淋病は放置しておくと重症化してしまうので気をつけておかなければなりません。早期発見のためには、わずかな変化でも見逃さずに、異変を感じたら病院などを利用することが大切です。

淋病の検査はどこで行える?

性病に感染した疑いがある場合は病院で検査を行わなければなりませんが、初めてそういった状況になった人には、どのような場所で行けば良いのかわからないという人もいます。早く治療を始めるためには、スムーズに医療機関を受診して検査を行う必要がありますので、どういった場所で検査することができるか覚えておくことが大切だと言えるでしょう。

淋菌に感染した場合は、性病科がある病院で検査を受けることができます。それ以外にも男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科を利用することが可能です。また、感染した恐れが咽頭にある場合は耳鼻咽喉科、眼にうつったかもしれない場合は眼科など、症状があらわれた部分に応じて受診する医療機関を選択することができます。

淋病の検査費用は4,000円前後だと言われていますが、受診した場所や受ける検査の種類によっても費用が異なるので注意が必要です。具体的な金額は、利用した医療機関で異なるので一概に何円だということはできません。それ以外にも診察代や薬代などが必要となるので、他にも支払わなければならないものがあることを知っておきましょう。

もしも忙しいなどの理由から、すぐに医療機関を受診することができない場合は、検査キットを注文することで自宅にいながらセルフチェックを行うことが可能です。その場合も、医療機関と同様に信頼できる機関で診断を行ってもらうことができるので、しっかりとチェックしてもらうことができますが、きちんとした診察を受けたいのであれば、やはり病院に行かなければなりません。ただし、病気かどうかわからないのに性病かもしれないという理由で診察を受けたくない、忙しくて医療機関が開いている時間に訪ねることができないなどの理由があるのであれば、キットを用いてみるのも良いでしょう。

淋病であるかどうかは、複数の病院で診察してもらうことができますし、キットを用いれば自宅でもセルフチェックが可能です。しっかりと治療を進めていくためには早期発見が大切ですので、病気の疑いがある場合は、これらの医療機関を利用してください。行くべき病院を知ることができていれば、いざというときに焦らずに済みます。