性病に関係する細菌やウイルスに感染しないための生活習慣

性病に感染してしまわないようにするためには、こういった病気を引き起こす細菌やウイルスに感染してしまうことのない生活習慣を心がけることが大切です。それぞれの病気によって具体的な感染経路は異なりますが、主に気をつけておくべきことは性行動に関することと、それ以外の普段の生活に分けることができます。これらに気をつけることができれば、病気になってしまう確率を下げることができるでしょう。

性行動については、コンドームの使用が大きな予防効果をもたらします。感染者の体液や粘膜にウイルスや細菌が存在していることが多いので、性器や精液、膣分泌液が粘膜と直接触れ合わなければ防止することができるケースが多いのです。コンドームを用いることで、それらが触れ合わないようになるので、感染を防ぐことができます。また、不特定多数と性的関係を持たないということも重要です。不特定多数の人と性的な関係を持ってしまうと、誰がウイルスや菌を持っているかわかりませんので、予防を怠ってしまったときなどに感染してしまう可能性があるので、初めからたくさんの人とは関係を持たないことが良いと言えます。

また、性風俗の利用に関しても注意が必要です。性風俗ではフェラチオなどのオーラルセックスによるサービスが一般的ですが、フェラチオなどのオーラルセックスは性器から咽頭へ、咽頭から性器への感染がとても起こりやすいと言えます。またパートナーが性風俗店で働いていたり遊んでいたりすると性病になっている可能性があり、性行為やキスなどでうつってしまうかもしれません。性行動に関する対策としては、性行為を行うときにはコンドームを着用する、不特定多数の人との性行為は避ける、感染者とはキスしない、性風俗の利用を控えるなどの方法を取ることができます。

生活習慣に関しては、免疫力を低下させないということが重要です。疲労やストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあると、簡単に免疫力が低下してしまうので、きちんと対策を取っておくことが必要だと言えます。疲労やストレスが溜まらないように休息時間を設けることも大切ですし、女性はホルモンバランスが乱れがちだと感じるのであれば食生活で改善したり、ひどい乱れであれば病院で薬を処方してもらったりすることも可能です。こういった対策を取るようにすれば、免疫力の低下で感染しやすい性病を避けることができるでしょう。性病がうつってしまう経路や理由はさまざまなので、あらゆる病気に対応できるような予防を取っておくことが大切です。