細菌とは違う真菌が原因で感染する性病はカンジダ!

細菌とは少し異なっている真菌と呼ばれるものが原因で感染する性病に、カンジダがあります。これはカンジダ菌と呼ばれる真菌が原因である病気であり、男性の場合は陰茎カンジダ症、女性の場合は膣カンジダ症になるのです。カンジダは他の性病と異なって自己感染によって発症することがある病気であるという特徴があります。カンジダ菌は腸管や女性の膣内に常在している菌であり、普段は悪い働きをしないのですが、疲労やストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあると異常増殖を引き起こしてカンジダ症を発症してしまうのです。女性が膣カンジダ症になることは有名ですが、男性も自己感染によって陰茎カンジダ症になることがあります。

また、カンジダ菌が口腔内に感染することで、口角びらんや鵞口瘡を発症することもあるのです。口角びらん、鵞口瘡になってしまうと口腔内に痛みが生じたり、カビが発生したりして取り除くことが難しくなります。性交渉の経験がある男性や女性以外に、赤ちゃんや性行為の経験がない子供も感染することがあるので、誰でも感染するリスクがあるということを知っておかなければならないでしょう。

カンジダには様々な種類があるわけですが、まずは予防しておくことが大切だと言えます。性行為時にコンドームを使用することや、感染者とオーラルセックスを行わないということはもちろんですが、それ以外にも、日常生活の面で気をつけることができることもたくさんあるのです。カンジダは糖尿病やステロイド剤の投与、男性の包茎が原因となることもありますので、これらに当てはまる人は免疫力を高めたり性器を清潔に保ったりすることで予防をするようにしましょう。女性の場合は、ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れが原因でカンジダの症状を引き起こすことが多いと言えるので、疲れが溜まりすぎる前に休息をとることを心がけたり、ホルモンバランスが乱れないように食生活に気をつけたりすることが大切です。

子供の場合は予防が難しいのではないかと思うかもしれませんが、感染している大人との接触を控えるようにしたり、清潔な衣類を身につけるようにしたりすることが予防となります。もしカンジダになってしまったと感じる初期症状があらわれたら、すぐに医療機関を受診することが大切です。初期症状があらわれてからすぐに病院で治療薬をもらうことができれば、治療薬によって早く治すことができるでしょう。誰でもうつる可能性がありますので、正しい知識を身につけて症状があったら早く治療することが大切です。